予備校(よびこう)


予備校(よびこう)とは、各種試験を受験する者に対し、予め知識や情報を提供する商業的教育施設である。試験合格後に必要な知識等を同時に提供する場合も多い。学校の種別では、専修学校、各種学校、無認可校のいずれかにあたるが、株式会社の場合もある。


概要
日本では、社会的グループに新たに所属しようとする際、競争原理の下、選抜試験を課す例がよく見られる。志願者が少ない場合に選抜試験は形骸化していることもあるが、志願者が多い場合は合格率も下がり、選抜試験の難易度も上昇する。選抜試験が、それ自体または受験者個人にとって難易度が高い場合、志願者が多い場合、選抜試験の情報の希少度が高い場合など、受験者の合格欲求に応える形で商業的教育施設として予備校が存立している。そのため、個々の選抜試験に則して学校の種別も異なっており、横断的に「予備校」と類型化されている。

予備校が対応している選抜試験としては、学校への入学試験と資格試験が主であるため、受験(進学)予備校、司法試験予備校、公務員試験などが一般的に「予備校」と認知されているが、特定の会社・職種の採用試験(客室乗務員、パイロットなど)に対応した予備校も存在している。予備校の中には、卒業試験や期末試験などの学習補助を行う部門が併設される例も多く、その場合は「学習塾」との混合型と見ることも出来る。また、あまり予備校とは認識されていないが、運転免許取得のための自動車学校も予備校の一種である。


進学予備校
明治時代の旧制大学の設置以来、予備校は存在しており、最も歴史の古いものには、研数学館、駿台予備学校などがある。戦後の高度経済成長期頃から、大学受験の大衆化が進み、河合塾や代々木ゼミナールなどの大手予備校が急成長する下地が生まれた。そして、1970年代、1980年代、1990年代前半のいわゆる受験バブルの時代においては、現役よりもむしろ浪人して大学進学することが一般化し(「一浪 【いちろう: 一年浪人すること】」と書いて、「ひとなみ」=「人並み」と読む、などと俗に言われた)、予備校は若者の一種の通過儀礼としての役割を果たし、独自の予備校文化も形成されるに至った。1990年代後半に入り、バブル経済の崩壊、少子化の進展につれて、浪人生の数は減少し、予備校は全体としては、浪人生を中心とした本科から、現役生を対象とするコースへと重点を移す傾向にあり、推薦入試やAO入試の対策、それに伴う高校の内申点・定期テスト対策などのニーズが高まっているのが現状である。ただし、依然として、難関校の一般入試は高倍率であるので、大手予備校においては、本科も規模を縮小しながら、存続し続けていくものと見られる。

校種としては、学校法人の経営による専修学校は、日本では最も設置基準が厳しいが、専修学校のほかに、各種学校や無認可校であったり、学校法人による設置ではないものもある(株式会社による東進スクールなど)。一般的に国立、公立の予備校は設置されていないが、過去には多くの地域で公立高校が浪人生用の講座・校舎を有しており、現在でも、鳥取県では高等学校に大学進学対策の専攻科が、長崎県には県の外郭団体が運営する予備校がある。

予備校の業界団体として、全国予備学校協議会がある。これは設置者が学校法人である予備校のみを会員とするが、代々木ゼミナールや北九州予備校のように未加盟、もしくは、加盟後に脱退したものもある。

学習塾と異なり、一定の規模の在学者数、教員数を有し、単なる教室だけではなくて、校舎を有している場合が多い。一部には全寮制のところも存在する。

大学受験予備校は、以前は大学受験に不合格となった人が通うのが主流だったが、近年は高校と同時に通う現役生用予備校も増えている。

また、大手予備校は学習塾同様、生徒数が多いので、学力と合格者のデータを検証しやすく、模試の実施も行なっている。




大学受験予備校,愛知学院大学,大学受験情報,大検予備校,名古屋予備校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。