三大予備校(さんだいよびこう)



三大予備校(さんだいよびこう)は日本国内の大学受験界において駿台予備学校、河合塾、代々木ゼミナールの3つの予備校を指す。河合塾が全国に台頭してから使われた用語である。この3校の頭文字を取ってSKYとも表記する。規模が大きく、講師の質が高い。また、模擬試験の質では他の予備校を寄せつけない。歴史的には駿台予備学校が最も古く、代々木ゼミナール、河合塾がそれに続く。河合塾はもともと愛知県におけるローカルな予備校であったが全国に展開した。

河合塾の東京進出前後時期のこれら三大予備校の展開をモデルとした小説作品に城山三郎著『今日は再び来らず』(講談社文庫;絶版)があり、当時の三大予備校の各々の特徴が描かれている。
三大予備校が全国展開を強めた1980年代あたりから、受験生の間では「生徒の駿台、講師の代ゼミ、机の河合」と言われてきた。駿台は受講生のレベルが高く、代ゼミは人気講師の看板が強く、河合は机が広いのがウリ(駿台・代ゼミは大学の大教室で使われるような数人分が横につながった机なのに対して、河合では高校で使われるような一人分単独の机。)という意味。これには、首都圏の受験生にとって河合が比較的マイナーな存在であったことによる揶揄が含まれるが、河合の首都圏での基盤も強くなってきた近年では以前ほど言われなくなっているようである。


比較表
予備校名 駿台予備学校 代々木ゼミナール 河合塾
略称 駿台 代ゼミ 河合
校舎数      
出版社名 駿台文庫 代々木ライブラリー 河合出版
模擬試験の呼称 駿台模試 代ゼミ模試  全統模試
過去問題集の呼称 青本 白本 黒本
大学別模試の呼称 実戦模試 プレ オープン



模擬試験
一般的に、難易度では、駿台予備学校>河合塾>代々木ゼミナールの順で、受験者数では、河合塾>代々木ゼミナール>駿台予備学校の順であると言われている。
三大予備校は、それぞれ各大学対応模試を実施しているが(代ゼミはプレ、河合はオープン、駿台は実戦模試とそれぞれ呼んでいる)、数においては、私大や地方の国立大学までカバーしていることから、代々木ゼミナールが一番多く、駿台予備学校は難関国立大学のみしか実施していない為、一番少ない。
現在では一部の大学冠模試などにおいて、駿台予備学校はベネッセ、河合塾はZ会との共催になっている場合がある。
9月以降の駿台の模試はベネッセと共催になるものが出てくる。この模試は問題作成に高等学校の教諭が関わっている(というか高校の教諭が作成した問題を駿台・ベネッセが手直ししている)ため校内模試の領域を超えられない部分有り。


関連項目
プレ (模試)、代ゼミ模試- 代々木ゼミナール
オープン (模試)、全統模試- 河合塾
実戦模試、駿台模試 - 駿台予備校
即応オープン- 河合塾、Z会


大学受験予備校,愛知学院大学,大学受験情報,大検予備校,名古屋予備校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。