大学受験予備校の先生



予備校の先生にはどうすればなれるのか?

予備校の先生にはどうすればなれるのか?

ものを教える仕事に結構興味がありますが、普通の学校で教えることは、社会に出て直接役立つことがすごく少ない印象があるので、あまり興味がありませんでした。予備校で資格について教えるのは、資格の知識って多少社会に近いので、いいかな、と思ったんですが。どういう人が先生になるのでしょうか?

ちなみに、大学受験予備校の先生についても、知ってる方いらっしゃいましたら教えてください。


試験(受験)勉強が教え方が上手なひとです。

受験予備校では、一人の先生が一教科を教えているところが多い(そうでないところもある)ため。受験に出そうなところを集中的に効率よく教える必要があるため、広く浅い知識よりも専門的な知識(大学の先生のイメージ)が必要です。

ただし、知識があっても人に教えるのがへたでは難しいです。

ちなみに、予備校は法律上では学校として認められていないので(予備校に何年いても学歴にはならない)基本的には教員免許等の資格はいりません。
ただ、採用に教員免許を条件にしている予備校は別ですが。


予備校って受験予備校のことですよね。なぜ、その予備校が資格について教える???のですか。ちなみな、予備校の先生になるには、大学で教職課程を修了し、教員免許を持った人が、予備校の就職試験を受けて採用されればなれると思いますが。予備校ではなく、都道府県の教員採用試験に合格すれば、小・中・高等学校の先生になれます。
普通の学校で習ったことは役に立たなくても、つまらないことにも耐えられる事が出来るようになるから必要ですよ。就職してから多いに役立ちます。
予備校は主に大学受験を目的に行くのですから、先生は予備校生を難易度の高い大学に進学させるのが仕事。その目的を達成できれば教師としてそれなりに満足感を得られるでしょう。


大学受験予備校,愛知学院大学,大学受験情報,大検予備校,名古屋予備校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。