特に大学受験予備校



教育ビジネス、今後はどういった方向に進むのでしょうか?特に大学受験予備校。全...

教育ビジネス、今後はどういった方向に進むのでしょうか?
特に大学受験予備校。全入時代に突入していく中で、どう生き残りをしていくのでしょう。思うところある方、識者の方、いらしたらお願いします・




18才のかたのみなら縮小していくと思いますが、社会人の再入学や高齢者の新規入学などの需要があれば、新たな教育ビジネスはできると思います。もちろん、大学側も生き残りをかけてこれらの部分を拡充させているのでその点を踏まえての考えです。

また、最近の傾向で大学院受験も少なくないと思います。その辺もビジネスになるのではないでしょうか。


 たぶん大学の選別がより進み、特定大学に入れるように
集中指導する予備校が生き残るかもしれません。
 将来企業は入社する大学生を区分して採用するような方向を
より鮮明にしてくるでしょう。すなわち、将来経営幹部になる
学生と、課長クラスの中間管理職止まりの学生に分けることが
考えられます。そうすると、経営幹部(取締役以上)になれる
学生を多く卒業させている大学が人気が出るかもしれません。
 そこにたくさん入学させている高校や予備校の評価が
高まることになるでしょう。


大学受験予備校,愛知学院大学,大学受験情報,大検予備校,名古屋予備校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。