大学受験予備校の英語の授業



英会話スクールのコースについて

英会話スクールというとスピーキングのイメージが強いのですがスクールによっては文法、読解などをやるとこもあるみたいですが、それはtoiecなど自ら参考書を買って勉強を自分でするのと比べて何か良い点、違いはなんですか?また大学受験予備校の英語の授業とは授業形式はどのように違いますか??

自分でやるのと英会話スクールで勉強する違いは、

(1)自分だと終わらない参考書や勉強が終わる。
 自分だけでは勉強が進まない方などは、お金を払っ てやるという事でやる気を持たせます。

(2)参考書には載ってないような事を教えてくれたり、 質問も受け付けてくれます。だた、学校によって  は、TOEICというものを知らないのに、TOEICの先生 をしている所もあるので、ご注意。

(3)楽しく学べる。

(4)バランスよく上がる。自分だけだと、文法とリスニ ングしか上がりませんよね。

自分こつこつ型か、そうではないか、楽しく学びたいかなども考えて決めてはいかがでしょうか。

違いはいろいろありますが,人によって良いと思う点も違うでしょう.例えば,ということでアドバイスします.
インストラクターを含む他人がいるということが違いですが,他の国から英語を習いに来た人がいますから,日本人と異なった見方がわかります.質問や議論ができます.独りよがりでなく自分の弱点が明らかになります.競争心や羞恥心が意欲を掻き立てます.視野が広くなります.友人ができます.
大学受験の英語よりは実用が主ですから,むしろTOEIC寄りでしょうか.しかし,生の英語は受験やTOEICを越えた目標でしょう

大学受験予備校,愛知学院大学,大学受験情報,大検予備校,名古屋予備校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。